不動産ドットコム

不動産にかかる税とは

不動産にかかる税とは

不動産を取得したときには、その不動産を取得したときに対してかかる税金を支払わなくてはいけません。
この税金の事を不動産取得税と言います。この取得税は、土地や家屋を取得したときにかかる税金ですので、その方法にはかなりの種類が存在します。単純な取引である売買だけではなく、贈与や交換、または建築であっても所有権を取得できますので、有償と無償を問わずに支払わなくてはいけないものです。
ただし、不動産取得税は取得した段階で一度支払えばそれで良いことになっており、それ以降は一切支払わなくても良いものです。
不動産取得税は不動産の固定資産税とは異なりますので、取得した後に毎年手続きを行なって支払わなくてはいけないものではありません。
計算方法もわかりやすく、課税標準額に税率をかけたものがそのまま税額となります。
課税標準額は市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格ですので、専門の人に計算を行なってもらえればすぐに計算できるのです。


トップへ

Copyright(C) 2009 不動産ドットコム All rights reserved.