不動産ドットコム

不動産にかかる税とは

不動産にかかる税とは

不動産を取得したときには、その不動産を取得したときに対してかかる税金を支払わなくてはいけません。
この税金の事を不動産取得税と言います。この取得税は、土地や家屋を取得したときにかかる税金ですので、その方法にはかなりの種類が存在します。単純な取引である売買だけではなく、贈与や交換、または建築であっても所有権を取得できますので、有償と無償を問わずに支払わなくてはいけないものです。
ただし、不動産取得税は取得した段階で一度支払えばそれで良いことになっており、それ以降は一切支払わなくても良いものです。
不動産取得税は不動産の固定資産税とは異なりますので、取得した後に毎年手続きを行なって支払わなくてはいけないものではありません。
計算方法もわかりやすく、課税標準額に税率をかけたものがそのまま税額となります。
課税標準額は市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格ですので、専門の人に計算を行なってもらえればすぐに計算できるのです。

不況に打ち勝つ魅惑の不動産投資法

世の中には株や債券、FXなどの様々な投資法が存在しますが、このなかでも不動産投資は異質な存在です。相場の変動に一喜一憂しなくてはならない投資とは異なり、非常に手堅い投資法といえます。
その手法は、まず賃貸物件を入手して入居者を募集し、毎月の家賃収入を得るタイプが一般的です。土地価格が沸騰していたバブル時代は、土地転がしと呼ばれる売買差益を狙ったものが主流でしたが、土地価格の大幅な上昇が見込めない現在では、この家賃収入を主軸としたタイプがほとんどです。入手する賃貸物件は戸建住宅ではなく、アパートやマンションが一般的です。一つの物件の入居者が多いほど、空室リスクを抑えることが出来るためです。
たとえば、戸建住宅は入居者が去った途端に空室率100%になり、完全に家賃収入が途絶えてしまいますが、室数が多いアパートやマンションではそのような状況に陥ることはまずありません。少子高齢化の影響で、現在の不動産価格は下落基調ですが、住んでいる人が居る限り、建物には必ず値段がつきます。株や債券のように、企業が倒産して価値がゼロになってしまうことが無いのも魅力のひとつといえます。
不動産投資は、いわば人に触れ合う投資法です。人間らしい生活に欠かせない衣食住のうちの住を提供する以上、入居者が暮らしやすい空間を提供するという意識が求められます。たとえば、入居者宅で水漏れが発生した際に速やかに対応するといったきめ細かい気配りが求められます。入居者に対する高い意識を365日持ち続けられるかどうかが、明暗を分けるといっていいでしょう。

Valuable information

チラシの印刷を格安でできる

http://pripri.info/

プレゼントに最適なヴィンテージショップ

http://www.hedy.jp/

銀座でヘアカラーをする

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000241600/

大阪のブライダルエステ

http://www.pariskayak.net/area/osaka/

表参道の美容室を探す

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000191958/

最終更新日:2014/10/31


トップへ

Copyright(C) 2009 不動産ドットコム All rights reserved.